« カルロス・クライバー! | トップページ | 平らな三日月 »

2006年2月26日 (日)

MEGASTAR Ⅱ

日本科学未来館へ行ってきた。

大平貴之が開発したプラネタリウムMEGASTARを見るためだ。常設しているMEGASTARⅡは、ここと、川崎の青少年科学館にしかない。

率直に言って、まずまず半分、期待はずれ半分・・・

プログラムは、「暗やみの色」というタイトルで、谷川俊太郎の詩を朗読しながら、随所に銀河やダークマターなど天文学の話題を交えた構成。だから、星座を学ぶような内容ではない。

MEGASTAR。通常のプラネタリウムの投影星数をはるかに越える500万個の恒星を投影できる、ということだが、上映し始めは、たいした星数ではなくて拍子抜けだった。しかし、次第に星数も増えてきて、天の川の濃淡が分かるまでになった。確かに通常のプラネタリウムはここまでリアルではない。

双眼鏡があるとさらに楽しめます、という触れ込みだったので持参した。何が確認できるか、これも楽しみにしていたことだった。星団ではおおいぬ座のM41、ふたご座のM35を確認。いっかくじゅう座のU星付近では、いつも観測しているあの星列が確認できた。かんむり座R星付近では、R星隣りの7.2等星を確認。8等以下までは見えていそうだ。1等星は双眼鏡で見ると面積体だった。ほかの星はほぼ点状だったので、多分投影方法が違っているのだろう。

ほかに思うことはあるけど、このくらいで・・・

展示も充実。じっくり見ていけば丸1日いても飽きないかもしれない。解説にいる方は、館の職員もいるが運営ボランティアが行っているようだ。科学が好き、この未来館が好きという方たちばかりで、熱心に説明してくれた。

展示のメイン、ジオ・コスモスという球体ディスプレイはなかなかのもの!これはほかの科学館では見ることはできない。100万個の 発光ダイオードを貼りこんであるらしいが、どうして球体面に映像が上映できるかナゾだった。

写真は、3階のオーバルブリッジから見たジオ・コスモス

GIOCOSMOS

|

« カルロス・クライバー! | トップページ | 平らな三日月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164774/8850268

この記事へのトラックバック一覧です: MEGASTAR Ⅱ:

« カルロス・クライバー! | トップページ | 平らな三日月 »