« 松本の桜 | トップページ | 25日のシュワスマン・ワハマン第3彗星 »

2006年4月23日 (日)

個性派4番!

先日、某外資系CDショップから輸入CDを注文して聴いてみた。

 ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」

フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮 シャンジェリゼ管弦楽団Her_bru4

 マーラー 交響曲第4番

ファビオ・ルイージ指揮 MDR交響楽団(ライプチヒ放送交響楽団)

サンドラ・トラットニッヒ(ソプラノ)Lui_mar4

ともに個性派4番!と言ったところか・・・

ブルックナーは、オリジナル楽器を使い、バロック演奏の大家が指揮したもの。

オーケストラも名前からして、生粋のフランスオケ。ドイツ的な重厚さとは無縁でブルックナーには不向きの感があったのだが、あまり良い演奏が少ない4番だったから食指が伸びた…というところ。

野人ブルックナーらしくない美音の演奏。しかし、音楽のフレージングや楽器バランスはまっとうで、良い意味味わい深い演奏でけっこう楽しむことができた。この曲で唯一ドイツ的な重厚さが現れる第4楽章。ここでも整理の効いた見通しの良い演奏で曲を完結させている。

マーラーの方。指揮者ルイージは、2007年からドレスデン・シュターツカペレに転進する予定となっているそうだ。演奏を聴くのは今回初めて。

遅めのテンポで、かつ要所においてさらにテンポを落とす。メルヘンチックな曲想がさらに助長されて夢心地にさせてくれる。何度も聴いてしまった。ただ、オーケストラに個性が乏しいので遅めのテンポの中、薄味になってしまう箇所があるのが残念。ドレスデンでは再録をしてもらいたいと思う。

第4楽章のソプラノソロ。有名な歌手ではないが、曲にあった爽やかな歌い方で好感を持てた。

|

« 松本の桜 | トップページ | 25日のシュワスマン・ワハマン第3彗星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164774/9732146

この記事へのトラックバック一覧です: 個性派4番!:

« 松本の桜 | トップページ | 25日のシュワスマン・ワハマン第3彗星 »