« 内田光子の“皇帝” | トップページ | “復活” »

2006年5月24日 (水)

告別

家族の死に接し、昨日葬儀が済んだところ・・・。

今日になって、ふと脳裏にグスタフ・マーラーの交響曲「大地の歌」が流れている。気持ちが落ち着いてきたので、次のCDを聴いてみた。

  グスタフ・マーラー「大地の歌」

  アルト、テノール独唱と大オーケストラのための交響曲

  第6楽章「告別」

 (作詞:孟浩然と王維、ハンス・ベトゲの詩集「シナの笛」から)

  ジュゼッペ・シノーポリ指揮

  ドレスデン・シュターツカペレ

  イリス・ヴェルミヨン(アルト)

この演奏はとても良い!

浄化されたような美しい音楽。それでいて、鋭くえぐるような表情を備えている。指揮者の個性を抑えて、ドレスデンの世界最古のオーケストラの魅力を引き出した演奏になったためだろう。この演奏には死を感じさせる。しかしそれは、恐怖に慄くような退廃的な死ではなく、浄化された美しい死・・・。一言で言えば、“極楽浄土“・・・。

マーラーは、常に死に対する恐怖を抱き、この「大地の歌」は、第9番の交響曲になるはずだったが、ベートーヴェンが第9番を作曲してこの世を去ったことを意識して、番号なし「大地の歌」と名付けたいきさつがあると言われている。第6楽章「告別」、原詩ではある友との別れを詠ったものだが、マーラーは詩を改変して、忍び寄る死の影のもとでの諦観、彼岸への憧れ・・・と、友との別れは現世への別れに転化されてしまっている。30分もかかる第6楽章だが、その最後、まさにこの世との告別・・・。楽譜には「死に絶えるように」と記されている。オーケストラに加えられたギターとマンドリンの間奏とともに、アルトのうた Ewig…ewig…と、寄せては返す音楽とともに、本当に魂が消えていくようだ・・・。

|

« 内田光子の“皇帝” | トップページ | “復活” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164774/10224762

この記事へのトラックバック一覧です: 告別:

« 内田光子の“皇帝” | トップページ | “復活” »