« 僕らはいつも星空を眺めていたⅡ | トップページ | ♪ 田尻洋一 ピアノ・リサイタル シリーズⅡ »

2006年6月18日 (日)

辰野のほたる

辰野町松尾峡のほたるを見てきた。

町のHPによると、前日(16日)発生数が2,150匹。大発生の年には、1万匹以上の発生があるようだが、今年は、春先の寒さがあって、発生が遅れているようだ。

さて、当夜は大発生とは言えないが、そこそこの数で、ほたるの乱舞を楽しんだ。生育場所はしっかり整備されており、地面も土ではなかったので、雨まじりの天候でも足場を気にすることはなかった。遊歩道も観察しやすく、見下ろす場所では、展望台のような場所も設置されていた。もう少し多くの発生があると見ごたえあったのだが、それでも手のひらに届きそうな近くに飛んできたり、光の明滅を繰り返すなど、星とは違い、やはり生き物の光なのだ、と改めてその不思議さを感じていた。060617tatsuno

生息場所は、人工照明などは制限されて暗い環境だったが(当然・・・)、帰りに市街地に戻ってくると、街灯など街明かりが増えてきたのだが、『こんなに明るかった?』と思った。明かりって、あくまで相対的なもので、暗さに慣れてしまえば、それに順応してしまい、街明かりなんて、こんなに必要ないと思った次第・・・。ほたるという、小さな生物がそんなことを教えてくれたような気がする。

|

« 僕らはいつも星空を眺めていたⅡ | トップページ | ♪ 田尻洋一 ピアノ・リサイタル シリーズⅡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164774/10571810

この記事へのトラックバック一覧です: 辰野のほたる:

« 僕らはいつも星空を眺めていたⅡ | トップページ | ♪ 田尻洋一 ピアノ・リサイタル シリーズⅡ »