« はじめての宇宙の歩き方 | トップページ | スペースシャトル »

2006年7月 4日 (火)

僕らはいつも星空を眺めていたⅣ

『僕らはいつも星空を眺めていた』 -裏庭の天体観測所-

チャールズ・レアード・カレア著

北澤和彦訳

ソフトバンク・クリエイティブ出版

ひきつづき引用してみよう。

6月

「あれなの?」

次女がふたたび指さしているが、アルクチュルスではない。わたしは腕時計に眼をやり、首を振る。まだはやすぎる。次女は小学1年生で、科学に興味があるので、わたしたちは外にでて、頭上を通過する国際宇宙ステーションをひとめ見ようとしているのだ。だが、蚊の興味をひいてしまうのがせいぜいだ。

「ここから宇宙飛行士が見えるの?」と、彼女はきく。

「いや、遠すぎるよ」

「でも、だれかが操縦しているんでしょ?」

「引力さ。競技場を想像してごらん、ぐるぐるまわってる」

「退屈そう」彼女は皮肉っぽくいう。

そうあってはいけないのだが、確かに退屈そうだ。わたしのはじめての宇宙ステーション体験は、1975年のスカイラブだった。

(中略)

「どんなふうに見えるの、パパ?」

今度は答えられた。

「たぶん星みたいだけど、動いているんだ」

彼女がなにか指さす。わたしはふたたび計算してみる。方向がちがう。

「宇宙飛行士にはエイリアンが見えるの?」

「無理だろうな」

「でも、エイリアンはいるんでしょ?」

わたしは肩をすくめ、宇宙飛行士は忙しいんだよ、と彼女にいう。

(中略)

長いあいだ観測してきたけど、見ていないものはいっぱいあって、そのなかには、スカイラブもふくまれているんだ、と答えようとしたとき、わたしと娘は突然それに気づく・・・国際宇宙ステーションだ。それは木々のすぐうえを低く飛んでくる。星のように明るい物体が、どんな外科医のメスより安定した動きをみせている。

「あれなの?」娘の失望がこだましている。

「想像してごらん。いままでいちばん大きい宇宙ステーションなんだよ」

国際宇宙ステーションは現代の奇跡なんだよ、とわたしは娘に話す。いまは天空でもっとも明るい物体のひとつで、人間がつくったということを考えると、よけいに信じられないだろ、と。

「だけど、飛行機みたい」

「たしかにそうだけど、宇宙ではそうじゃないんだ」

(中略)

「彼らは宇宙でも食べるの?」

「もちろん」

「よかった。あたし、お腹がすいちゃった。行かない?」

|

« はじめての宇宙の歩き方 | トップページ | スペースシャトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164774/10789782

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らはいつも星空を眺めていたⅣ:

« はじめての宇宙の歩き方 | トップページ | スペースシャトル »