« おぼろ月 | トップページ | 国際宇宙ステーションとスペースシャトル »

2006年7月 6日 (木)

♪ ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団

○日時 2006年7月6日(木) 19時00分~21時05分

○場所 松本市音楽文化ホール

○演奏 ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団  ゾルタン・コチシュ(指揮とピアノ)

○プログラム チャイコフスキー スラヴ行進曲作品31

         ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58

         チャイコフスキー 交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」

 アンコール ブラームス ハンガリー舞曲第5番

         ベルリオーズ ファウストの劫ばつ「ラコッティ行進曲」

060706hangari2

客入りは7割弱程度で、ちょっと閑散していた。前3列はフロント席で割安に設定されていたので、埋まっていたが、その後ろ数列が結構空いていた。

結構よく鳴るオーケストラの印象。指揮者コチシュの音楽性もあるのだろう。演奏スタイルはプログラム3曲とも、速めのテンポでスタイリッシュ。きびきびと音楽をすすめていく。もともと、よく鳴る曲、スラヴ行進曲はこて慣らしだが、本命は弾き振りのベートーヴェンか。ソロ部分がはっきり分かれている曲なので、弾き振りでもそれほど困難ではなさそうに感じるが、実際演奏されている側からすればどうなのだろうか?コチシュのピアノは、もともと指揮よりピアノの名手として知られていたこともあり、なかなか美音で上手い。第3楽章のカデンツアは自作か?「悲愴」では、楽章間を空けず、一気に通してしまった。独特のフレージングとスタイリッシュな音楽性で、スラヴ的雰囲気は皆無、悲壮感も皆無の演奏だったが、ドラの音からフェイドアウトしていくコーダの部分は印象に残った。拍手もしばらく出なかったので、良い余韻に浸ることができた。

|

« おぼろ月 | トップページ | 国際宇宙ステーションとスペースシャトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164774/10818248

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団:

« おぼろ月 | トップページ | 国際宇宙ステーションとスペースシャトル »