« 四季の星空観察会3 | トップページ | 僕らはいつも星空を眺めていたⅣ »

2006年7月 3日 (月)

はじめての宇宙の歩き方

清里フォトアートミミュージアムへ行ってきた。長坂ICを降り、清里方面へ行く・・・、141号線から少しわき道へ入ったところにあった。 Kmopa_1

「はじめての宇宙の歩き方」と題した写真展。ニール・フォルバーグデヴィッド・マリンによる写真、NASAのアーカイブから主にアポロ計画の記録写真、すばる望遠鏡による銀河や星雲星団のベストショットなどが展示されていた。

フォルバーグの写真は余りお目にかかれないものだ。今回の展示の中でも印象に残る写真が多かった。すべてモノクローム。皆既月食の写真もあって、カラーの方が・・・、と一瞬思ったが、やはりモノクロならではの良さが感じられる。地上との対比を捉えた写真、中には合成でなければ考えられない写真もあったが、画像の一体感は不自然さを感じさせない。きわめて芸術的な写真。

マリンの写真は、以前月刊天文ガイド誌に紹介されたことがあったので、なじみの写真もある。しれにしても、銀河の緻密な描写・・・、単に冷徹な科学写真にとどまらず、実に宇宙の神秘を感じさせる写真であった。Malin

NASAのアポロ計画は過去のものだが、低迷している最近の宇宙開発を省みると、このアポロ計画は実に冒険心に満ちていて画期的な計画だったことがよくわかる。

ハワイ島にある国立天文台“すばる望遠鏡”は、世界に誇れる観測拠点である。しかし、その成果は一見地味に感じるのは、私だけではあるまい。アポロ計画の成果と一緒に展示されると、“すばる”もより一層冒険心を持って宇宙に向かって行ってほしい!

|

« 四季の星空観察会3 | トップページ | 僕らはいつも星空を眺めていたⅣ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164774/10777277

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての宇宙の歩き方:

« 四季の星空観察会3 | トップページ | 僕らはいつも星空を眺めていたⅣ »