2006年7月 7日 (金)

国際宇宙ステーションとスペースシャトル

昨夜、シャトルとステーションのドッキング直前の通過が、日本から見られたそうだ。今夜は、ドッキング後の通過が、低空ながら見ることができた。

月明かり、低空、薄曇りという悪条件。その割りに明るく輝いていたのは、シャトルとの合成等級で輝いていたためか?

写真では、カブリを恐れて8秒露出で撮影したが、見かけの動きが遅く、短い光跡になってしまった。低空のためか?なので、3枚ほど連写したのを並べてみた。

060707iss1 060707iss2 060707iss3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

おぼろ月

おととい、梅雨空の雲間から見えた月。西空に沈む頃・・・。

060703moon1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペースシャトル

NASAのスペースシャトルが打ち上げられた。(合わせるように、某国のミサイルも飛ばされたが)

先の「ぼくはいつも星空を眺めていた」ではないが、人工衛星の通過を見るのが好きである。最近ではインターネットで通過予報が公開されたり、予報をメール配信してくれるところもある。今回のスペースシャトルも既に予報が出されている。任務には、国際宇宙ステーションとのドッキングとその活動がある。そのため、ステーションとのドッキング前には、シャトルと“並走”が見られることがあるのだ。ステーションの予報では、日本でここ数日夕方見の通過が予報されていて、“並走”の可能性があるのだが、しばらく悪天候が続く見込み。残念だ。しかし、シャトルのフライトは16日までの予定。ドッキング後シャトルとの合成等級で、明るく輝いているステーションが見られる機会があるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

三日月と木星

梅雨の中休みで、好天が続いている。昼間の気温は30度を越えた。

夜になると透明度が悪くともきれいな星空。昨夜よりクッキリと三日月が・・・!060629tsuki 地球照もよく見える。

木星にも目を向けてみる。ALTER-6Nは出したばかりなので、シンチレーションが落ち着かない状態での撮影。もともと惑星の写真は難しいのでこの程度の出来が精一杯かも・・・。060629jipiter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

ALTER-6N ファーストライト

今年は春先から天気が悪く、梅雨入り後も中休みがなかったのだが、ようやく晴れた。

待ちわびたファーストライトとなる。折りしも光害調査の期間で、貴重な晴れ間なので調査終了後の短時間でのファーストライト。

木星、アルビレオ(βCyg)、εLyr。木星の縞の濃いこと!赤道帯の濃淡ある模様(フェストーンか)がよく見えた。今夜は見えていなかったが、大赤班と近くにあるという赤班ジュニアを見てみたい。アルビレオは、ブルーの伴星がコバルト色っぽく、見慣れぬ色調に見えた。εはエッジの効いた星像で、まさにカミソリで切ってふたつに分かれたようなペアに見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間

日没後、国際宇宙ステーションの通過が見られました。

060619iss

まだ薄明が時間帯、ブルーの色調の夜空にステーションの光跡が・・・。輝星はうしかい座のアルクチュルス。すぐ近くを通過していきました。

6月19日、18時57分(30秒露光)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

ALTER-6N組立て

ALTER-6Nを組み立てた。全てがアルミ材やステンレスの無垢材からの削りだしによる部品でできているので、国産品とは質感が違う。キャップひとつとっても金属製だ。

新品なので慎重に・・・。(不都合があっても返品できるように?!)・・・赤道儀は20年前購入の90S赤道儀。丈夫な架台だが、重量的にはいっぱいかな?。ウエイトは6.5キロと2.1キロを2個・・・でもあと少し足りないようだ。重いのを下に入れ替えればちょうど良いかもしれない。

あいにくの梅雨空。ファーストライトはまだ先・・・。

※写真:○90Sに載せたALTER-6N全景・・・。Alter6n11 ○接眼部を側面から。対物フードは白い樹脂製のネジで留めるもの。(非金属部品はこのくらいしか見当たらない)・・・。Alter6n22 ○対物方向から、補正板と周囲に換気用の小穴がたくさん見える・・・。Alter6n3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

ALTER-6N

注文していたALTER-6Nが届いた。

ロシアのINTES-MICRO社製、15cmマクストフ・ニュートン望遠鏡。届いた時の収納箱の大きさにビックリ!星の会備品として預かっているGINJI-300Dの梱包箱と長さはほとんど同じだ!取っ手が両端にそれぞれ付いているが、ひとりで運ぶには意味がなく、箱を持つには抱えなかればならない。移動の際にはこの箱を使うことはないだろう。

早速、収納箱からだしてみる。

バッフル入りの対物フード。クレイフォード式で粗動微動が付いた二重合焦装置。幅広の大型アリガタ、アリミゾ、鏡筒回転装置・・・。折しの梅雨入りで、ファーストライトはまだ先になりそうだが、その日が楽しみ!

Alter6n1 Alter6n2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

引き続き・・・好天

   今夜も引き続き好天だ。あと数日は天候が良さそう。

今夜は月齢4。薄暮の時間帯から月を見ている。060531moon1

060531moon2060531moon3背景の空は、次第に淡いブルーから濃紺色に変わっていく・・・。暗くなるにつれて地球照がはっきりと見えてくる。

まだ若い月齢の月が美しいひととき・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

久しぶりの…晴れ

天候不順のこの頃、既に入梅間近か・・・?しかし、今夜急速に晴れてきた。この時期としてはすっきりとした晴れ方。ムラ雲が多いけれど・・・。

西空には月齢3の月、地球照が美しい。月の上には三ツ星が!!ふたご座のカストル&ポルックスと火星が並んでいる。060530moon 060530mm

土星はプレセペ星団と接近している。以前より近づいたようだ。そのかわり、西に低くないってきた。天体望遠鏡では、低空のせいか、シーイングが悪く像が踊っている。南の空に見える木星は、余り高くない高度ながら好シーイングで、縞模様もSSTB~NNTBまでよく見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)